PC版 Androidエミュレータ

人気のAndroidエミュレーターおすすめ 6選 比較!「軽くて安全なエミュレーター」

※この記事にはPRを含んでいます

 

Androidエミュレーターとは?

Androidエミュレータとは

Androidエミュレータとは、WindowsPCやMacなどでAndroidアプリを起動できるソフトです。

このAndroidエミュレータをPCに導入すれば、スマホゲームやスマホアプリなど、GooglePlayストアにあるAndroidアプリが、スマホ端末が無くてもPC内で利用できるようになります。

Androidエミュレーターには種類がいくつもあり、Google公式のAndroidエミュレータやゲーム専用のエミュレーター、動作検証専用のエミュレーターなど様々です。

今回はゲーム向けのAndroidエミュレーターを中心に紹介します。

 

動作が軽いAndroidエミュレーターとは

動作が軽いAndroidエミュレーターには、大事なポイントがいくつかあります。

ポイント

  • エミュレータの性能が発揮できるか?
  • 使用目的は?
  • ゲームの互換性
  • ユーザーレビューと評判
  • 安全性

動作が軽いAndroidエミュレータは、まずPCのスペックとエミュレータの性能がしっかり発揮できるか?

自分のPCのスペックで問題なく動作するエミュレーターが必須です。

 

高スペックのゲーミングPCなら、どんなエミュレーターでも問題ないと思いますがアプリの互換性(相性)もありますので、使ってみないとわからない場合もあります。

そしてゲームで使うか?ゲーム以外のアプリを使うのか?によっても変わってきます。

やはりゲームはPCに大きな負荷がかかるので、ゲームで遊ぶ場合はできるだけ軽いエミュレータを選ぶ必要があります。

 

あとは多くのユーザーが利用しているエミュレータを選ぶことも大事です。

多くのユーザーが動作の軽さや安定感、安全性などをレビューしていますので、参考にしましょう。

 

おすすめの Androidエミュレーターの軽さ比較

Androidエミュレータ専門家
各Androidエミュレーターを同じ条件で起動して、PCの負荷や起動速度を何度か試して測定してみました。

起動速度比較

エミュレータ プレイヤー起動速度 ゲームアプリ起動速度
BlueStacks(おすすめ) 7.82秒 18秒
NoxPlayer 17.67秒 46秒
LDPlayer(おすすめ) 6.69秒 18秒
MuMuPlayer 7.84秒 18秒
Google Play Games 4.55秒 24秒
MEmu 8.00秒 23秒
Androidエミュレータ専門家
ここで驚くのはNoxPlayerが、すごく遅かった。何度も起動を試してみましたが、速度は改善されず遅かった。

起動時間が速い=軽い

BlueStacks、LDPlayer、MuMuPlayerは起動速度は満足する速さだ。

起動時間が軽さに直結するわけではありませんが、目安としては十分です。

 

パフォーマンス比較

Androidエミュレーターの各種設定をデフォルトにして、同じゲームを起動し同じタイミングでパフォーマンスを計測

Androidエミュレータ CPU使用率 メモリ使用率 GPU使用率
BlueStacks(おすすめ) 12% 296MB 3%
NoxPlayer 28.6% 317MB 4%
LDPlayer(おすすめ) 10.2% 277MB 4%
MuMuPlayer 21% 184MB 4%
Google Play Games 16% 560MB 16%
MEmu 24.4% 217MB 3%

PCの負荷でもNoxPlayerは他に比べると重い。

リソースの使用率が高いということは「負荷が大きい」ということになります。

負荷が大きい=動作が重い

この結果から、BlueStacksとLDPlayerは抜群に軽くておすすめできる。

Androidエミュレーター軽いランキング

という結果になり、上位から軽くておすすめなAndroidエミュレーターです。

 

おすすめの軽いAndroidエミュレーター ランキング

1. BlueStacks(おすすめ)

起動からゲーム処理までが最速で軽い!

Androidエミュレータ専門家
BlueStacksは「起動速度が最速で、高い互換性と豊富な機能を備えた使いやすさ」がおすすめ

特徴

BlueStacksは圧倒的に起動が速くて軽いAndroidエミュレーターで、ゲームアプリが快適に使えます。キーボードやマウスで操作をカスタマイズでき、複数のアプリを同時に開けるのも便利。高画質のゲームもバッチリ楽しめておすすめ。

複数同時機能などすごく便利だし、Android11に対応しているのも素晴らしい!

機能と使いやすさ

  • とても動作が軽くカスタマイズ性が高い。
  • ゲームに特化した機能が豊富。
プレイヤー起動速度 7.82秒
ゲーム起動速度 18秒
CPU使用率 12%
メモリ使用率 296MB
GPU使用率 4%

※特定のゲーム起動時の数値になります。

気になる点

マウスの自動操作(マクロ機能)が現在はないような気がします。もちろん外部のマクロソフトを使えば問題はありませんが、エミュレータに付属してると嬉しいですね。

公式サイト

 

2. LDPlayer

最高の低負荷で速度も抜群で軽い!

Androidエミュレータ専門家
LDPlayerの魅力は「軽量で高速、ゲームに最適化された操作性。」

特徴

LDPlayerは、パソコンで使える軽くて速いおすすめAndroidエミュレーターです。

ゲーマーの評価はかなり満足できる軽さと安定感を持っています。

また、パソコンのリソースをあまり使わないので、他の仕事をしながらでも、ゲームをバックグラウンドで動かしておくことができるのもおすすめ!

あわせてマウスのマクロ機能も有効にできるので、自動操作させながら放置もできる。

機能と使いやすさ

  • ゲームの互換性とパフォーマンスに優れる。
  • 軽量でありながら、スムーズなゲームプレイを提供。
プレイヤー起動速度 6.69秒
ゲーム起動速度 18秒
CPU使用率 10.2%
メモリ使用率 277MB
GPU使用率 4%

※特定のゲーム起動時の数値になります。

気になる点

Androidのバージョンが11/12に対応していない。現状それほど困ることはないのですが、Android11以上でしか動かないゲームも少しずつ増えてきているので、そろそろ新バージョンのLDPlayerがリリースされてほしいところ。

公式サイト

 

3. MuMuPlayer

CPUに少し負荷があるが速度は抜群に軽い!

Androidエミュレータ専門家
MuMuPlayerの魅力は「直感的なユーザーインターフェイスと優れた互換性。」でおすすめ

特徴

MuMu Playerは、直感的な操作性と安定した動作が特徴です。優れたグラフィックスサポートと低いリソース消費で軽い。

スマホゲームをPC上で楽しむユーザーに最適な選択肢の一つになっているAndroidエミュレーターです。

機能と使いやすさ

  • 直感的なユーザーインターフェース。
  • 中~高スペックPCで特に良好な動作を見せる。
プレイヤー起動速度 7.84秒
ゲーム起動速度 18秒
CPU使用率 21%
メモリ使用率 184MB
GPU使用率 4%

※特定のゲーム起動時の数値になります。

気になる点

公式の日本ユーザーへのサポート力が少し心配だ。Androidエミュレーター自体は素晴らしいが、現在は日本に対応しているだけといったところかな。

公式サイト

 

4. Google Play Games

速度は抜群だけど処理が遅い

Androidエミュレータ専門家
Google Play Gamesの魅力は「公式サポートによる安心感とクラウド保存型でスマホ連動可能。」

特徴

Google Play Gamesは、Googleが公式でリリースしているAndroidエミュレーターです。Androidエミュレーターと言っても、PCゲームに近い動作環境を必要とします。

Google Play Gamesは、よく勘違いされていますがクラウドベースのサービスではなくダウンロード型Androidエミュレーターです。公式なので安定しているし、使い勝手もかなり良い。

機能と使いやすさ

  • 提供されているアプリは操作性など安心感のある公式だ。
  • Googleのサービスとの統合がスムーズで、セーブデータのクラウド同期など便利な機能を提供。
プレイヤー起動速度 4.55秒
ゲーム起動速度 24秒
CPU使用率 16%
メモリ使用率 560MB
GPU使用率 16%

※特定のゲーム起動時の数値になります。

気になる点

とにかくゲームが少ない。PCゲームとして対応させているのでエミュレータというよりはPCゲームだ。その分、ゲーム数は少なく古いゲームが多いのが気になる。新作はGoogle Play Gamesではほぼ遊べない。

公式サイト

 

5. MEmu Play

速度も負荷もそこそこだけど、広告が多い!

Androidエミュレータ専門家
MEmu Playの魅力は「多様なデバイスエミュレーションと豊富な機能。」

特徴

MEmu Playは、上級者向けのカスタム機能や、パフォーマンスで人気のAndroidエミュレーターです。複数のインスタンスの同時実行や、様々なAndroidバージョンのサポートが特徴で、開発者やゲーマーに幅広い用途で使われている。

機能と使いやすさ

  • 高いカスタマイズ性と複数の起動が魅力。
  • 広範囲のゲームとアプリの互換性を持つ。
プレイヤー起動速度 8.00秒
ゲーム起動速度 23秒
CPU使用率 24.4%
メモリ使用率 217MB
GPU使用率 3%

※特定のゲーム起動時の数値になります。

気になる点

とにかく広告が多く、インストール時にも不要なソフトをインストールさせようとしてくる。気を付けないと変んなプログラムがインストールされてしまうこともある。PC上級者向けです。

公式サイト

 

6. NoxPlayer

速度も負荷も最下位だがグラフィックは最高

Androidエミュレータ専門家
NoxPlayerの魅力は「高いカスタマイズ性と安定したパフォーマンス。」

特徴

NoxPlayerは、ゲームが好きな人からはかなり人気があり、信者も多い。

特にゲームプレイのためのキーマッピングやマクロ機能が充実しています。

グラフィックが綺麗なことが大きな特徴ではあるが、処理は重い。

機能と使いやすさ

  • 多機能。
  • ゲームに特化した機能が豊富。
プレイヤー起動速度 17.67秒
ゲーム起動速度 46秒
CPU使用率 28.6%
メモリ使用率 317MB
GPU使用率 4%

※特定のゲーム起動時の数値になります。

気になる点

まずは動作が重いことが一番気になります。次に直感的ではないUIも多い。操作に慣れてないと使いずらい箇所がある。

公式サイト

 

 Andy(開発終了)

開発が終了しているAndroidエミュレーター

Androidエミュレータ専門家
Andyの魅力はPC間の同期機能。

Andyは、モバイルデバイスとPCで同期させる機能が充実、アプリの同期やファイル共有が寛太にできる。

このエミュレータは、ユーザーがスマートフォンの機能をPC上でフルに活用できるように設計されている、ゲームというよりは開発者向けと考えても良い。

機能と使いやすさ

  • Android OSとPCとモバイルデバイス間での同期が強み。
  • 比較的負荷が大きい。

気になる点

開発は終了しているので、今後は利用するのを控えたほうが良い。サポートもないので自己責任となる。

公式サイト

 

LeapDroid(開発終了)

開発が終了しているAndroidエミュレーター

Androidエミュレータ専門家
LeapDroidの魅力は「開発終了しているが、高速な速度とシンプルな操作性」

一時期多くのユーザーに選ばれましたが、現在は入手やサポートが公式には行われていません。

機能と使いやすさ

  • 開発終了前は、高速な実行速度とシンプルなユーザーインターフェースで人気があった。
  • 現在はサポートや更新が停止しているため、セキュリティリスクなどの観点から使用は推奨されない。

気になる点

LeapDroidも、開発が終了しているので、素晴らしいエミュレーターですが利用は控えたほうが良い。

 

Androidエミュレーターは安全なのか?

Androidエミュレーターでゲームをすることが、安全なのか?危険じゃない?違法なのでは?

とよく質問がありますが、こちらで紹介しているAndroidエミュレーターは、正式にリリースされた安全なソフトです。

基本的にはGoogleのオープンソース「Android」システムを利用しているソフトなので、無料で利用できるようになっています。

そしてシステムはGoogleアカウント管理なので、安全性も問題ありません。

またスマホゲームアプリをPCで遊ぶこと自体は、違法でも何でもありませんが、ゲームによっては規約違反となる場合もありますので、お気を付けください。

Androidエミュレータでのゲームの楽しみ方

Androidエミュレーターを利用すれば、スマホアプリ版で遊べるので、実際の自分のスマホと連携することが簡単です。

また課金などもスマホと同じなので、すごく簡単です。

あとは大画面で高画質で遊べるので、AndroidエミュレータではPCプレイはおすすめなんです。コントローラーでもキーボード&マウスでも好きな操作方法で遊べます。

ぜひAndroidエミュレーターお試しください!

 

※この記事にはPRを含んでいます

-PC版 Androidエミュレータ
-